すみれペットクリニック紹介

すみれペットクリニック

すみれペットクリニック
東京都立川市にある動物病院です。犬、猫、うさぎ、ハムスターなどの診察や手術やホテルを行っています。
TEL 042-569-6612
ホームページ
http://www.sumire-pc.com
または
「すみれペットクリニック」で検索を。

猫の譲渡会開催中

毎月第3日曜日 午後1:30~3:30
当院待合室にて
猫の保護団体さんが猫ちゃんたちを連れてきて里親探しをしています。 毎月の開催時に直接ご来院ください。 (※猫の体調や天候などにより中止になることもあります)
次回は10 月21日(日)の予定です

カテゴリ

最新記事

ブログ内検索

当院のフード等の通販

すみれペットクリニックのネット通販サイト「動物ナビ」です。 フード、サプリ、おやつなど24時間注文受付、ご自宅配送します。

どうぶつ健保対応

アニコム損保の窓口対応しています。

カウンター

デグーの脱毛、脂漏症

2016.05.04 17:19|デグー症例報告
ご縁があり最近デグーさんの診察をすることが増えてきました。
近年人気のデグーなのですがデグーの飼い方についての本などは少なく、ましてやその病気や治療に関する専門的な情報はほとんど無いので、診療の際にはモルモットやハムスターなどの治療を参考にしながら暗中模索で行っています。

僕と同じくデグーの診察経験が少ない先生方の何らかの手掛かりになれば、またデグーの診療を行ったことのある先生方から何らかのご助言を頂けたらと思い、実際診させて頂いたデグーさんのいくつかの症例を飼い主様ご了承の上で掲載していきたいと思います。
獣医師向けの内容になりますので説明不足のところはご容赦ください。
またデグーに詳しい先生がこのサイトを見られましたら、コメント欄で構いませんの何かとご教授頂けたら幸いです。

本日の症例。。。
生後半年くらい♂、一般状態良好
数か月前のお迎え時に左前肢の脱毛に気付き、他院で処方された外用薬で一時良くなったが今回は別の部分が脱毛。
残っていた外用薬を塗布していたが脱毛が拡大してきたため来院

来院時は左肩~左腹部にかけ広範囲に脱毛(左右非対称)、全体的に脂っぽい皮膚、毛質。肉眼的に目立つ落屑や紅潮等は見られなかった。
皮膚セロテープ、掻把、抜毛鏡検を行い酵母(マラセチア?)と球菌の若干の増殖を確認。
掻把では球形褐色で大きさがほぼ均一なものが多数見られたが(最後の写真)、乾草の中にいたことも考え植物由来の非病原性のものと判断(花粉?)。

脂漏症ベースの細菌性マラセチア性皮膚炎と仮診断し、セファレキシン(※1)とイトラコナゾールを最小用量+整腸剤を水道水(※2)で混合した内服薬を処方
併せてマラセブシャンプーの10倍希釈液を週2回の薬浴用に処方(※3)
後日経過をお電話頂くことになりました。

※1 基本的にエキゾチックにはニューキノロン系から始めることが多いのですが、以前バイトリルHV液を処方したデグーの飼い主様から「苦いのか飲まない」とご指摘を頂きましたので、今回はうちにあるドライシロップでデグーに比較的副作用の出にくそうな薬を選択しました。エキゾチックへのセフェム系使用は悩むところですが、幸い僕はこれまでに副作用の経験はないです。
※2 苦いと飲んでくれない(?)のにデグーは糖耐性が低い(糖尿病になりやすい)とのことから、今回念のためGluでの溶解は避けました。
※3 実際デグーを薬浴で治療したことがないのでどの程度シャンプーに寛容か不明。砂浴びをしない子だとのお話しでしたが、砂の種類を変えることで砂浴びするようになることもあるそうで、砂浴びができたら薬浴は不要と指示しました。

ペットの治療全般に言えることですが治療プランを立ててもそれをデグーが受け入れてくれなければ困ってしまうので、どの程度までの治療がデグーに許容されるのかは実際行ってもらう飼い主様に聞き取りをしながら、僕も飼い主様から勉強させてもらっているところです。

20160504デグー脱毛 20160504デグーマラセチア
20160504デグー球菌 20160504デグー毛根
20160504デグーテープ

・・・・・・・・・・・・
<経過報告>
上記から17日後に再診(連れてくるのが大変なためお持ちいただいた写真で判断)
肩部は発毛したが脱毛が始まった場所である左腕と腹部はまだ発毛が無いとのこと。
また肩部の発毛が始まる前に皮膚にゴマ塩上の斑点が見られそれが広がってきたら発毛したため、もしかしたらそれが発毛のサインではないかとのこと。
20160521ヒヨ1 20160521ヒヨ2

砂浴び用の砂を変えたら以前よりも砂浴びするようになったとのことだが、他の子に比べるとやはり砂浴びはしない方だとのこと。シャンプーはぬるま湯の中で手でホールドするようにしてあげると大人しくやらせてくれたとのこと。
内服中も体調は良好で、被毛の脂っぽさは改善してきたとのこと。

→今回内服はセファレキシンを中止し、イトラコナゾールのみ1週間追加処方
→マラセブシャンプー(10倍希釈)を週1回に減らす
以上で経過観察としました。